最新のラングマイヤーバックアップ

ラングマイヤーバックアップ12(2022年11月)

Langmeier Backup 12は、Langmeier Backupの新バージョンです。今回の最新アップデートのリリースにより、安定性がさらに向上したため、これまで以上に信頼できる製品になりました。この安定性により、Langmeier Backupはユーザーやパートナーの高いデータ保護要求に応えています。

また、このプログラムは、多くのラングマイヤー・バックアップのパートナーの方々の努力によって生まれたもので、その発展に寄与しています。例えば、パートナー企業にはテストシステムを提供していただいたり、人気のあるバックアップソフトをさらに改良するために開発者を言動でサポートしていただいたりしています。

プログラムの最適化


  • Langmeier Backup Professional」は、Langmeier Backup Businessに代わるプロユースのための手頃な価格のバージョンとして戻ってきました。
  • Langmeier Backup Professional、Business、Server、V-flexの複数のバックアップジョブの設定と操作をより簡単にするために最適化されたユーザーインターフェイスを提供します。
  • aBusiness Suite」クラウドへのバックアップは、Langmeier Backupで可能になりました。ローカルファイルをクラウドに簡単にバックアップし、『aBusiness Suite』で引き続きファイルを操作することで、新たな生産性を実現します。最も簡単なクラウドへの移行方法です。
  • FTPサーバーへのバックアップ、および暗号化バックアップの速度を改善しました。
  • 暗号化バックアップの場合、暗号化方式を選択できるようになりました。
    • 暗号化方式はLES QuickとAES 128Bitで、ファイルの保護はもちろん、バックアップ速度が向上しました。
    • 一方、暗号化方式は、LES StrongとAES 256が最高レベルの暗号化を実現します。
    • 一方、暗号化方式のZIP Standardは、Windowsの標準的なツールで解凍することができます。
  • おかげさまで、DataSaveControl(https://datasavecontrol.deまた、バックアップメディアとNASを自動的に分離し、バックアップウィンドウの時間だけ起動させることができるため、暗号化トロイの木馬からの保護が強化されています。
  • ハードディスク全体、またはハードディスクの個々のパーティションのバックアップを簡素化します。
  • 複数のバックアップスケジュールを簡単に設定・管理できるようになりました。
  • バックアップスクリプト「Restart Computer」を追加しました。

プログラムエラーの修正


  • 差分バックアップでのDISKバックアップは、特定の状況下で "Drive not ready"(と同様のエラー)が発生する可能性があります。固定されています。
  • ネットワークバックアップ:ネットワーク共有へのバックアップ時:バージョンLangmeier Backup 2021 SP2のバックアップジョブでパスワードが正しく保存されないため、ネットワーク共有へのバックアップ時にエラーが発生することがありました。固定されています。
  • UTF8に対応している場合、特定の条件下でFTPサーバーへのバックアップがうまくいかない不具合を修正しました。固定されています。
  • UTF8をサポートしているがOPTコマンドをサポートしていないFTPサーバーで、ウムラウトが正しく表示されないことがありました。固定されています。
  • 必要なストレージ容量を計算する際に、バックアップボリュームを分離することができる。固定されています。
  • ディスクイメージのバックアップが特定の条件下で失敗し、次のようなエラーメッセージが表示されることがあります。「Error backing up disk image: The disk is currently being used by Windows and cannot be backed up.スタートCDを使用してデータキャリアのバックアップを開始する」。デバッグログでは、このようなメッセージが表示されることがありました。error_drive_locked: {windows_os}.このエラーは修正されました。
  • 必要なストレージ容量を計算する際に、バックアップボリュームを分離することができる。固定されています。
  • 一時ドライブの容量が不足し、そのためにバックアップ中にエラーメッセージが表示される場合、Langmeier Backupは分かりやすいエラーメッセージを表示します。
  • バックアップの状態をSMSで送信できないようにしました。固定されています。

自動でデータをバックアップ

すべてのファイルを保護します。

  今すぐ購入   無料でテスト ラングマイヤー・バックアップ・フォー・ウィンドウズ

バージョン 10.0.367 (2021年9月)

プログラムの最適化


  • メール送信時は、TLS1.2に対応しています。

プログラムエラーの修正


  • ウィザード "レスキューメディアの作成 "に失敗しました。レスキューメディアは、Windows 10用のWindows ADKの新しいバージョンであるバージョン1903から2004でも作成できるようになりました。
  • データメディアイメージの保存時に87エラーが発生する問題を修正しました。
  • データキャリアイメージ保存時のエラー183を修正しました。
  • Windowsシステム全体のバックアップ時に「データキャリアは現在Windowsで使用されているため、バックアップできません」というエラーメッセージが表示される:修正しました。

バージョン10.0.350の主な変更点


プログラムの最適化


  • ユーザーインターフェースは、ドイツ語、英語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語(ブラジル)、スペイン語、オランダ語、ロシア語、中国語に対応しています。
  • ランサムウェア用のライブスキャナもEssentials版で利用可能。
  • Windows 10ベースの新しいレスキューメディアでは、PC全体を復元する際のドライバーサポートが向上しています。
  • 市販のリモートマネジメントツールとのシームレスな連携が可能。
  • ファイルの日付に応じてフォルダに整理する。
  • 使いやすさをさらに追求しました。
  • 最新のテープ装置(LTO 5~LTO 13)に対応。
  • バックアップスクリプトに「コンピュータのシャットダウン」と「コピー先フォルダの削除」を追加しました。
  • WORMモードにより、WORMメディア(write-once, read-many)に対応。

プログラムエラーの修正


  • 不明瞭なメッセージ "Error in Redundancy Check"。固定です。
  • バックアップ後のシャットダウンがうまくいかないことがある。固定です。
  • レスキューメディアの作成ができませんでした。固定です。
  • 挿入時にサブフォルダを持つ変数が正しく変換されないバグ。固定

バージョン10の新機能


Langmeier Backup 10の開発では、特にハードディスク全体のバックアップとリストアの簡素化に重点を置いています。Langmeier Backup 10」のディザスタリカバリをより直感的に操作できるようにしたほか、「Langmeier Backup 10 Essentials」には初心者向けのシンプルなユーザーインターフェースを導入しました。セントラルバックアップモニタリングにより、ITサービス会社は、インストールされたすべてのラングマイヤー・バックアップ10インスタンスの適切な動作を監視し、毎日のデータバックアップを確実に行うことができます。Langmeier Backup 10は、ランサムウェアに対する効果的な保護を提供します。

プログラムの最適化


  • 完全なハードディスクのバックアップとリストア
  • ユーザーフレンドリーなディザスタリカバリ
  • Langmeier Backup Essentialsの新しいユーザーインターフェース
  • バックアップの中央監視
  • ランサムウェアからの保護
  • TLS/SSLを使用した電子メールでの送信に対応し、バックアッププロトコルを最適化
  • ドイツ語以外の新しいユーザーインターフェース言語:英語、フランス語、イタリア語、ロシア語、スペイン語。

 

バージョン9.1.192以降

  • オンラインストレージやFTPサーバーへのデータ転送時の暗号化を強化。
    新しいSSL技術であるTLS 1.2およびTLS 1.1をサポートしています。
  • オンラインストレージやFTPサーバーへの変更バックアップのデータ転送を高速化。
  • オンラインストレージ「Langmeier Backup」に対応。

 

バージョン9.1.190以降

  • Windows 10 バージョン 1607 でのドライバー署名の問題を解決しました。

 

バージョン9.1.188以降

  • ハードウェアに依存しない復元。
  • Avast Business Managed Workplace(旧 AVG Managed Workplace) を使用してバックアップの中央監視を行います。

プログラムエラーの修正

  • Windows 10のMicrosoft Update KB4025342をインストールした後、Windows 10でディスクイメージのマウントができなくなりました。固定です。

データバックアップのための優れたソフトウェア

Langmeier Backupは、複数の賞を受賞したデータバックアップ用ソフトウェアです。

バージョン9.1.177以降

  • 新しいスクリプトコマンド「Restore」を追加しました。
  • 最新のデータバックアップログを自動的にデータバックアップ媒体に保存することができます。
  • エクステンデッド・リストア・プロトコル
  • データキャリアのイメージは、十分なストレージスペースがある限り、バックアップを中止しても上書きされません。

プログラムエラーの修正

  • バックアップされたパーティション上にあるHyper-Vマシンが、イメージのバックアップ中に再起動するという問題がありました。固定です。
  • 画像復元:時刻表示の不具合を修正しました。
  • 緊急媒体:バージョン9.1.172からのイメージ復元エラーを修正しました。


バージョン9.1.172以降

Langmeier Backup 9.1.172には、テープドライブに関する重要なセキュリティアップデートが含まれています。今回のアップデートでは、Langmeier Backupの操作性も向上しています。

プログラムの最適化

  • テープからの復元:「すべてのファイル」を選択すると、すべてのファイルを同時に磁気テープから復元することができます。
  • HP Ultrium LTOドライブなど、REWINDコマンドをサポートしていないテープドライブにも対応しました。
  • バックアップのログは「Log」ボタンで表示できます。
  • バックアップ通知に、より多くのメッセージが表示されるようになりました。
  • SSL FTP接続時の「証明書エラー」メッセージは、ユーザーが未確認の場合のみ表示されるようになりました。
  • バックアップジョブにネットワークフォルダが保存されている場合は、ワンクリックで開くことができます。

プログラムエラーの修正

  • 磁気テープへの書き込み時のエラーを修正しました(こちらをご覧ください)。
  • 進行状況表示の不具合を修正しました。

 

バージョン9.1以降

Langmeier Backup 9.1では、お客様からの多くのフィードバックに耳を傾けました。

  • クラウドへのオンラインバックアップ:ユーザーは、参加パートナーのFTPサーバーへのバックアップを申し込むことができます。
  • Edge、Chrome、Firefoxのブラウザからインターネットブックマークをバックアップします。
  • Outlook 2016のバックアップに対応。
  • ネットワークドライブ上のディスクイメージも、ドライブとして読み込んで検索できるようになりました。


プログラムの最適化

  • FTPサーバーへのバックアップは、文字コードがUTF8に対応しており、ファイルの更新日はFTPサーバーで採用されます。
  • FTPサーバー上のファイルを削除するウィザードでは、非表示になっているファイルも一覧表示されます。
  • ネットワーク間のバックアップでも、ファイルの同期が機能するようになりました。
  • ハードディスクイメージのバックアップでは、不良セクタをスキップし、エラー時に中止するのではなく、エラーとして表示します。

 

プログラムエラーの修正

  • 特定の状況下では、RAIDシステムにおいて、すべてのハードディスクをイメージバックアップに選択できないことがありました。固定です。
  • ネットワークドライブ上のディスクイメージをマウントできないという問題がありました。 マウントには対応していませんでした。固定です。
  • ネットワーク間のバックアップで、同期が機能しないという問題がありました。固定です。

 

バージョン9以降

Langmeier Backup 9では、ディスクイメージのバックアップとリストアが大幅に最適化されました。また、バックアップ管理者にとって有益な機能も組み込まれています。

  • New: イメージバックアップをドライブとしてマウントし、個々のファイルを復元することができます。
  • New: イメージバックアップは隠しパーティションにも対応しています。
  • 新機能:システム起動時の修復では、復元後のOSを修復します。
  • New: ブータブル・エマージェンシー・メディアにネットワークを設定できるようになりました。また、ネットワーク上のコンピュータや共有を検索することができます。
  • New: バックアップジョブを明確に管理できるようになりました。
  • New: 別のバックアップ先を指定できるようになりました。
  • 新機能:バックアップログを最適化(エラーとファイルパス全体を含むサマリー)。
  • 新機能:バックアップの状態をSMSテキストメッセージで送信できるようになりました。(www.langmeier-software.com/sms、クレジットの上乗せが可能です。各ライセンスには10回の無料SMSが含まれます)。
  • 新機能:ライセンス管理をオンライン化。
  • New: 一時的な中間ファイルを保存するフォルダを自由に選択できるようになりました。
  • New: バッチプログラミング(lsimage.exeおよびlsmount.exe)の可能性が広がりました。


プログラムの最適化

  • New: 起動可能な緊急媒体で入力言語を選択できるようになりました。
  • New: イメージファイルのバージョンコンセプトを改善しました。
  • New: WindowsサービスのログインデータをLangmeier Backupに直接入力できるようになりました。
  • 新機能:Outlook 2013のメールバックアップ
  • New: バックアップジョブがもはや存在しない場合、バックアップ計画の編集時に警告が表示されます。
  • New: クイック設定ウィンドウの選択項目は、一度設定すると残ります。
  • New: バックアップログをマウスの右ボタンで削除できるようになりました。
  • New: Windows Home Serverでは、サーバーライセンスが不要になりました。
  • New: メールログの送信者名を選択できるようになりました。
  • New: 圧縮されたバックアップにかかる時間が短くなりました。

プログラムエラーの修正

  • 特定の状況下で、すべてのOutlookアカウントをクイックセレクションで選択しても、バックアップされないことがありました。固定です。
  • ログビューでのソートが正しく動作しないことがありました。固定です。
  • バックアップ中にF12を押すと、Langmeier Backupはバックアップ完了後ではなく、すぐにPCをシャットダウンしてしまいます。固定です。
  • Windows 7では、バックアップ後のシャットダウンがうまくいきませんでした。 固定です。
  • 不明な点として、一時ファイルが削除されなかったことが挙げられます。 固定です。
  • 緊急メディアの書き込み時に、ドライバーが競合した場合にエラー285が発生しました(メッセージ:「The CD burner 285 has occurred」)。固定です。

 

バージョン8.1.53以降

  • バックアップが成功したことは、管理者へのメールの件名にすでに表示されています。
  • 入力言語は、起動可能な緊急媒体で選択できます。
  • Langmeier Backup Businessは、Microsoft Windows Server 2012 Essentialsでも動作するようになりました。
  • 起動可能なエマージェンシーCDを作成するためのバーナードライバーのサポートを改善しました。
  • メールでのログ送信:スクリーンマスクで別のポートを設定できるようになりました。
  • NASシステムのネットワークフォルダにログインする際、バックアッププログラムは、スリープ状態になっている可能性のあるNASが起動するまで待機します。

プログラムエラーの修正

  • FTPサーバーにバックアップする際、ファイルを暗号化して転送していない場合、「変更のみ」を選択しても常にフルバックアップが実行されていました。固定です。
  • CR #780: 特定のサーバー構成で、SSLによる暗号化されたFTP(FTPS)が動作しないという問題がありました。固定です。
  • CR #1986: メールログ:T-Onlineのメールアカウントでメールが送れない。固定です。
  • ファイルサイズがちょうど2GBのファイルは暗号化できませんでした。代わりに "Application-defined or object-defined error "というエラーメッセージが表示されました。固定です。
  • 元の場所にアクセス権が存在しないファイルやフォルダーは、同期中に削除されたものとみなされ、バックアップメディアから削除されました。固定です。

バージョン8.1以降

  • 起動可能な環境でのネットワーク対応:起動可能な緊急環境では、ネットワーク共有へのアクセスが可能です。
  • ブータブルCDの作成、ブータブルUSBメモリーの作成に加えて、ブータブルISOファイルの作成が可能になりました。
  • ワイルドカード(*)付きのフォルダーをバックアップのソースとして指定できるようになりました。この例では、既存のWindowsユーザー全員のデスクトップをバックアップしています。: 
     
    C:\Users\*\Desktop 
  • フォルダを移行するスクリプトコマンド「Migrate」が追加されました。例えば、Windows XPのオペレーティングシステムのフォルダ(C:Documents and Settingsなど)を新しいバージョンのWindowsのフォルダに自動的に置き換えることができます。 
  • バックアップ通知。サービスとして動作しているときはタスクトレイにもアイコンが表示され、実行中のバックアップジョブがアクティブユーザーに表示されるようになりました。サービスとして動作しているときに、バックアップエラーがあれば、アクティブなWindowsユーザーにも画面に表示されるようになりました。 
  • データ復元後にログを表示することができます。 
  • スクリプト・コマンド „Message“ の新しいメッセージ・タイプ „Important“。 
  • ローカルデータメディアにバックアップする際のバックアップ速度が向上しました。 
  • バックアップラインの並び替えも可能です。 
  • バックアップソースやバックアップデスティネーションでは、%COMPUTERNAME%や%USERNAME%などの環境変数を使用することができます。 
  • バックアッププランでは、「バックアップ成功後にコンピュータをシャットダウンする」というオプションを選択できます。 
  • バックアップ元のパスの前にクエスチョンマーク(?)が付いている場合、このソースパスが存在する場合にのみバックアップされます。パスが存在しない場合は、それに応じたメッセージは表示されません。

    例 
     
    出典はこちら。 ターゲット 
    ?C:\ABACUS  E:\Backup

プログラムエラーの修正

  • フォルダのセキュリティ設定を行う際の不具合固定です。 
  • ネットワーク共有へのログオン時の不具合固定です。 
  • メモリリークによりソフトウェアが不安定になり、バックアップ操作中に長時間にわたってクラッシュする可能性がありました。固定です。 
  • 削除ウィザードは、ファイルをディスプレイに読み込むのに時間がかかりました。 固定です。 
  • ログインデータがバックアップジョブに保存されている場合、バックアップジョブを再開するとログインデータが表示されなくなるという問題がありました。 固定です。 
  • Windowsサービスとして動作している場合、バックアップがWindowsサービスユーザーではなく、別のユーザーによって実行される可能性がありました。固定です。 
  • Windowsのフォルダの権限設定がバックアップに引き継がれないという問題がありました。固定です。 
  • 特定の状況下で、"Error with MSVBVM32.dll and CodeJockCommandBars.ocx"(MSVBVM32.dllとCodeJockCommandBars.ocxのエラー)というエラーでプログラムがクラッシュしました。 プログラムが最初にフリーズし、次にクラッシュしました。固定です。 
  • 特定の状況下で、フォルダー同期をオンにすると「オーバーフロー」というエラーメッセージが表示されることがありました。固定です。
  • ハードディスクのイメージを確認する際、残り時間が「あと数秒...」と誤って表示されることがありましたが、これを修正しました。固定です。
  • 後ろに $ 記号が付いているパスは同期できませんでした。固定です。

バージョン8以降

  • 起動可能なUSBデータメディアや起動可能なCDを、Langmeier Backupで直接作成できるようになりました。このブータブルメディアは、常に最新のWindows PE、現在はWindows 8のPEバリアントをベースにしています。
  • バックアップフォルダやファイルは、便利なツリー表示で選択できるようになったほか、テンプレートを使って素早く追加することもできます。
  • Windows 8スタイルのモダンなユーザーインターフェース。
  • Windowsサーバーでのバックアップ設定が簡単で手間がかかりません。
  • バックアップ中は残り時間の表示が可能です。
  • 管理者以外のユーザーも自動バックアップを開始できるようになりました。
  • バックアップ要素ごとに、ユーザー定義の名前をジョブに保存することができます。
  • イメージのバックアップでは、繰り返しが可能です。あらかじめ設定された回数の変更バックアップを行った後、フルバックアップを自動的に作成することができます。
  • バックアップフォルダをより簡単にスキップすることができます。
  • 管理者は、バックアッププロトコルにコメントを入力することができ、そのコメントはメールでユーザーに送信されます。例えば、エラーが発生した場合には、ユーザーに指示を出すことができます。
  • バックアッププロトコルを電子メールで送信する場合、コロンを使ってSMTPサーバーの別のポートを指定することができます。
  • バックアップが完了すると、ユーザーにSMSを送信することができます。
  • バックアップフォルダには、バックアップ完了後、常に現在の日付が表示されるようになりました。
  • これまでは、バックアップ先をデータキャリア名で定義することで、正確なドライブレターに依存しないバックアップを実現していました。また、データキャリア名に基づいてバックアップソースを定義できるようになりました。

 

プログラムエラーの修正

  • 特定のユーザーが保存されると、「ログインしたユーザーとしてログイン」オプションが有効にならないという問題がありました。固定です。
  • Langmeier Backupは、Windowsサービスとしてセットアップされた後、再起動する必要がなくなりました。
  • ZIPファイルへのバックアップを行う際に、このバックアップファイルへのパスが存在しない場合、「その名前のファイルは見つかりませんでした」というエラーでバックアップが中断されていました。固定です。
  • 真夜中の国境を越えてバックアップを作成する際、バックアップパスに変数が使われていると、バックアップが2つのフォルダに分かれてしまうことがありました。固定です。
  • 復元ウィザードを使用してZIPアーカイブから個々のファイルを復元する場合、ZIPファイルのルートフォルダにあるファイルの選択が無視されるという問題がありました。固定です。
  • 本ソフトウェアをWindowsのサービスとして設定する際、バックアップに関する設定が失われる場合がありました。固定です。
  • バックアップが単一のZIPアーカイブに行われ、暗号化が有効で、オプションでパスワードが設定されていない場合、パスワードが設定されていないためにバックアップが失敗します。現在は、ソフトウェアがWindowsのサービスとして実行されている場合を除き、ユーザーにパスワードを要求しています。Windowsサービスとして実行した場合、バックアップの中断でエラーが発生することがありました。
  • 特定の状況下では、Langmeier Backupが2回起動してしまうことがあります。固定です。
  • 磁気テープのパーティショニングに対応していないテープドライブでは、バックアップしたテープが読めなくなっていました。新バージョンでは、このようなテープドライブも使用可能で、テープを分割せずに読み込めるようになりました。

バージョン7.1以降

  • ブータブルリカバリーCDに独自のドライバーを搭載できるようになりました。
  • ハードディスクイメージのバックアップは、デフォルトで非圧縮になりました。圧縮は、明示的に必要とされる場合にのみ使用されます。
  • ハードディスク・エラー・トレラント・イメージ・リストア:ハードウェア・エラーが発生した場合でも、ハードディスク・イメージをリストアすることができます。ハードディスクのエラーは単純にスキップされます。
  • ネットワークとインターネットのバックアップの改善:ネットワーク接続が短時間中断した場合、ラングマイヤー・バックアップは新しいネットワーク接続を待ってからバックアップを続行します。
  • Windows 64bitでは、システム起動中にオープンファイルをバックアップすることも可能です。
  • バックアップドライブとしてのPogoplugのサポート。
  • Windows 7のライブラリフォルダをバックアップに追加できるようになりました。
  • Windowsサービスとしてのインストールは、グラフィカル・ユーザー・インターフェースを介して行われるようになりました。
  • Windowsのサービスとして実行する際の安定性が向上:サービスには特別なクラッシュ保護機能が組み込まれています。
  • 前バージョンでは、「このユーザーにのみインストールする」を選択するとインストールに失敗することがあり、その後の起動時にエラーメッセージが表示されました。これは修正されました。
  • バックアップスケジューリングの変更への対応が早い。

重要: ハードディスクイメージを作成する場合、すでにバージョン7.0の起動可能な復元CDを持っている場合は、このCDを新しいバージョンに交換する必要があります。しかし、新しいCDを使えば、古いイメージも復元することができます。

バージョン7.0.136以降

  • 完全なオペレーティングシステムとハードディスクイメージのバックアップとリストア。
  • ブータブルリストアCDを使ったディザスターリカバリーとイメージリストア。
  • 1つの大きなZipアーカイブにバックアップします。Zip圧縮を有効にすると、1つの大きなZipアーカイブが作成されます。
  • 暗号化されたバックアップデータは、Langmeier Backupだけではなく、WinZipやWinRarなどの解凍ソフトでも読み取ることができるようになりました。
  • 暗号化レベルは、128、196、256ビットのAES暗号を選択できます。
  • メールの設定をボタン一つでテストできます。
  • バックアップ処理中にフォルダーを直接スキップすることができます。そのためには、表示されているファイルを押して、スキップしたいフォルダーを選択します。
  • また、同期では、ファイルだけでなく、空のディレクトリも削除されます。削除されたデータは、バックアップログでも確認できます。
  • テープやディスクだけでなく、他のリムーバブルメディア(RDXメディアなど)も取り出すことができます。
  • ラングマイヤー・バックアップは、インターネット・アクティベーションで便利にご利用いただけます。
  • ユーザー名とパスワードが必要なネットワーク共有やフォルダをバックアップできるようになりました。フォルダへのログインデータをバックアップジョブに追加することができます。
  • バックアップ終了後、自動的にパソコンの電源を切ることができます。
  • ラングマイヤー・バックアップは、通常はプログラムがクラッシュするような深刻なハードウェアエラーが発生した場合に、通知を行い、自身を修復します。
  • エントリーの削除がうまくいかない:修正しました。
  • ログの開始時間がおかしい:修正しました。
  • 月間バックアップでは、1次側のライン(固定)のみを考慮していました。
  • 暗号化を選択すると、保存した0バイトのファイルが開いたままになる。固定です。
  • 特定の状況下で、自動スケジュールバックアップが2回実行されるという問題がありました。固定です。

バージョン6.0.73以降

  • テープからのデータ復元の高速化
  • Langmeier Backup Small Businessは、Windows Small Business Serverでも動作し、テープメディアへの書き込みも可能です。
  • Langmeier Backup HomeとAdvancedの懸念:これらのバージョンで自動的にバックアップを検証することも可能になりました。また、同期機能はHome版からすでに搭載されています。

バージョン6.0.0以降

  • 便利なOfficeスタイルで、より分かりやすいプログラムインターフェースに変更。
  • インターネットや社内ネットワーク(LAN)に接続された時点で自動バックアップ。
  • バックアッププロトコルは、メインウィンドウから呼び出すことができます。
  • インターネットの更新。
  • 直感的なスケジューラーにより、バックアップ管理が向上。
  • VB-Scriptを使って、ユーザー定義のバックアップコンセプトをプログラムすることができます。
  • Outlookのバックアップでは、VBAマクロもバックアップされるようになりました。
  • バックアッププロセスは、ユーザーによって中断され、ブレークを開始することができます。
  • バックアップのステータスに関する詳細な情報は、バックアッププロセス中に表示されます。
  • ユーザーが自動バックアップをオフにしても、次回プログラムを起動したときに再びオンにすることができます。
  • インターネットにバックアップする際に、フォルダの番号付けが機能するようになりました。
  • テープドライブの改善:一部の市販のテープドライブでは、前バージョンではテープのフォーマットができませんでした。固定です。

バージョン5.5.76以降

  • 必要なストレージ容量の表示
  • バックアップアーカイブ内を検索します。
  • Langmeier Backupでは、ドライブレターを見る代わりに、ディスクの名前を見てバックアップのターゲットを選択することができます。
  • スケジュールされたバックアップの有効化、無効化をチェックすることができるようになりました。Windowsのサービスとして運用する場合、スケジュール変更後の再起動が不要になりました。
  • 必要に応じて、プログラムの設定を工場出荷時の状態に戻すことができます。
  • 電子メールのバックアップ機能を強化しました。
  • 開いているファイルをバックアップする機能を改善しました。
  • テープドライブへのバックアップ. この新機能は、より大規模なサーバー版の「Langmeier Backup」に搭載されています。
  • 自動世代別データバックアップにより、ハードディスクに完全な3段階のデータバックアップ概念(父・母・子の原則)を作り、ソフトウェアに1つのチェックマークを設定するだけです。
  • シンクロナイズする。 元の場所で既に削除されたファイルは、バックアップ上でも自動的に削除されるようになりました。
    自動検証:バックアップが完了した後に検証を行うように設定します。
  • ヘルプシステムを全面的に見直し、内容を充実させました。
  • バックアップの一括プログラム作成時に、バックアップが問題なく完了したかどうかを示すエラーレベルの値を照会することができます。
  • CD、DVD、Blu-Rayにデータをバックアップした後、必ずしも捨てられるわけではありませんが、これを設定できるようになりました。
  • 旧バージョンのLangmeier Backupで作成したデスクトップのショートカットでは、バックアップが開始されず、メインウィンドウが開くだけでした。固定です。

バージョン5.0以降

  • CD-R、DVD-Rはもちろん、ブルーレイディスクへの直接バックアップも可能です。
  • また、CD-RWメディアへのバックアップもドライバーを追加することなく可能になりました。
  • バックアップでクリーンアップ:データを手動で削除するアシスタントも追加されました。
  • 特定の名前のデータキャリアが挿入されたときに、自動的にバックアップが開始されるようになりました。必要に応じて、ターゲットをこのデータキャリアに自動的に適合させます。
  • バックアップの前にターゲットディレクトリを削除することができます。
  • エラーが発生したときにのみメールログを送信することができるようになりました。
  • バックアッププログラムを Windows サービスとして起動できるようになりました (installservice.bat を呼び出します)。これにより、ユーザーがコンピューターにログインしていない状態でも、自動でバックアップを行うことができます。
  • シンプルモードで作成されたバックアップジョブは、より簡単に開くことができ、またより簡単に削除することができます。
  • FTPサーバーへのバックアップにSSLがサポートされるようになりました。
  • 新しいオプションにより、新しいディレクトリに追加的にバックアップを作成することが可能になりました。また、バックアップに十分な容量が残っていない場合、古いディレクトリは自動的に削除されます。オプションは、デスティネーションパスの変数に対して指定することができます。オプションと変数の使用方法については、ヘルプの「バックアップターゲットパスの変数の使用」の章で詳しく説明しています。
  • スケジュールされたバックアップには、自動的に説明的な名前が付けられるようになりました。これはもう、入力する必要はありません。
  • バックアップは、スケジュールされたバックアップ時刻にコンピュータの電源が切られていれば、コンピュータの起動時にバックアップを取ることができます。
  • データキャリア挿入時の自動バックアップで、データキャリアの名前に注目できるようになりました。定義された名前のUSBスティックなどのデータキャリアを挿入すると、データは自動的にそこにバックアップされます。
  • FTPサーバーへのバックアップをZIP圧縮せずに作成できるようになりました(プロフェッショナルモード)。従来は、FTPサーバーに保存されたファイルごとに追加で保存されていました。このファイルには、ファイルの日付が入っていました。これにより、リモートバックアップ時にこれらのファイルは作成されなくなりました。これ以降、ファイルの日付は1つのファイルdirinfo~.txtに格納されます。アーカイブビットを確認してバックアップするファイルを選択する場合は、ファイルの日付は必要ありません。この場合、dirinfo~.txtというファイルも作成されません。

バージョン4.0.40以降

  • Windows XPではWindows Volume Shadow Copy Service (VSS)がサポートされているため、アプリケーションによってアクセスがブロックされているファイルもバックアップすることができます。例えば、このプログラムは、Outlookアプリケーションがフォアグラウンドで開いていても、すべてのOutlook電子メールをバックアップすることができます。あるいは、データベースを停止することなくバックアップすることができます。
  • Mozilla Thunderbirdのメールデータをバックアップします。

バージョン4.1以降

  • 前後に実行するスクリプトを定義します。
  • バックアッププロトコルの改善これは、電子メールアドレスやプリンターに送ることができます。メールでの送信もOutlookなしで可能です。これにはメールソフトは必要ありません。
  • バックアップする個々のパスごとに、ファイルやフォルダーを除外することができます。ツリー構造でアイテムをバックアップから除外するだけです。
  • 自動バックアップを変更・追加しても、再起動する必要がなくなりました。
  • バックアップジョブごとに、変更されたファイルだけを自動的にバックアップするのか、すべてのファイルをバックアップするのかを選択します。この設定はバックアップジョブに保存されます。
  • 増分バックアップは、ソースデータに書き込み権限がなくても可能になりました。
  • プロフェッショナルモードでは、エラーが発生してもバックアップが中断されなくなりました。メッセージウィンドウにはメッセージが表示されますが、バックアップは自動的に次のファイルへと進みます。
  • データメディアが空の場合は、新しいデータメディアを挿入するように促されます。あるいは、すぐにクリーンアップウィザードを開始して、バックアップのスペースを確保します。

Backup Essentials

€39.90 年間

セレクト
  • Windows 11、10、8、7でのデータバックアップ
  • いつでもキャンセル可能
  • ユーザーインターフェースの縮小
  • ファイルやフォルダーのバックアップ
  • コンピュータ全体をバックアップする
  • メールやインターネットブックマークのバックアップ
  • OneDriveとGoogle Driveのバックアップ
  • 個別のファイルやフォルダーの復元
  • コンピュータを完全に復元するためのブートメディア
  • ランサムウェアに対するコンピュータの保護
  • USBドライブへのバックアップ
  • NASへのバックアップ
  • OneDriveとGoogle Driveへのバックアップ
  • Langmeier Backup Online Storage & aBusiness Suiteでバックアップを行う。

Backup Professional

€49.50 年間

セレクト
  • Windows 11、10、8、7でのデータバックアップ
  • いつでもキャンセル可能
  • プロフェッショナルなユーザーインターフェース
  • ファイルやフォルダーのバックアップ
  • コンピュータ全体をバックアップする
  • メールやインターネットブックマークのバックアップ
  • OneDriveとGoogle Driveのバックアップ
  • 個別のファイルやフォルダーの復元
  • コンピュータを完全に復元するためのブートメディア
  • ランサムウェアに対するコンピュータの保護
  • USBドライブへのバックアップ
  • NASへのバックアップ
  • OneDriveとGoogle Driveへのバックアップ
  • Langmeier Backup Online Storage & aBusiness Suiteでバックアップを行う。
  • FTPサーバーへのインターネットバックアップ
  • 暗号化
  • 日付指定でリストア
  • バックアップ終了時にデータキャリアの取り出しが可能
  • 電子メールによるログのバックアップ
  • バックアップ状況をSMSで送信
  • Windowsサービスとしてのバックアップ

Backup
Business

€99 年間

セレクト
  • Windows 11、10、8、7でのデータバックアップ
  • いつでもキャンセル可能
  • プロフェッショナルなユーザーインターフェース
  • ファイルやフォルダーのバックアップ
  • コンピュータ全体をバックアップする
  • メールやインターネットブックマークのバックアップ
  • OneDriveとGoogle Driveのバックアップ
  • 個別のファイルやフォルダーの復元
  • コンピュータを完全に復元するためのブートメディア
  • ランサムウェアに対するコンピュータの保護
  • USBドライブへのバックアップ
  • NASへのバックアップ
  • OneDriveとGoogle Driveへのバックアップ
  • Langmeier Backup Online Storage & aBusiness Suiteでバックアップを行う。
  • FTPサーバーへのインターネットバックアップ
  • 暗号化
  • 日付指定でリストア
  • バックアップ終了時にデータキャリアの取り出しが可能
  • 電子メールによるログのバックアップ
  • バックアップ状況をSMSで送信
  • Windowsサービスとしてのバックアップ
  • 統合スクリプト言語
  • ZIP形式のアーカイブへのバックアップ
  • ログイン情報で保護されたネットワークフォルダ
  • プロフェッショナルなランサムウェア対策
  • あらゆるタイプのテープドライブ
  • WORMメディア(Write-Once-Read-Many)でのデータバックアップ
  • Windowsサービスとしてのバックアップ
  • DSCデバイス(Data Save Controlデバイス)を使用したドライブのハードウェア分離
  • フォルダーセキュリティ設定のバックアップ

使いやすく、飾り気のないもの。ラングマイヤー・バックアップに切り替えて正解でした。”

Roland Kümin
トップ100デジタルシェイパーズ by BILANZ