バージョンが一目でわかる

PC、ノートPC、WindowsタブレットPC向けの「ラングマイヤー・バックアップ」は、2つのバージョンがあります。:

  • Langmeier Backup Essentials
  • Langmeier Backup Business

その違いは以下の表の通りです。:

基本機能 Essentials Business
復旧用の緊急用Windowsを含む完全なバックアップの作成
ハードディスク、パーティション、フォルダ、ファイルのバックアップ
毎日、ハードディスクやクラウドに自動でバックアップする
作成したバックアップを自動的に最新の状態に保つ
セントラルモニタリングコンソールによるバックアップ監視
緊急起動可能な状態でコンピュータ全体を復元
Windows
暗号化されたトロイの木馬からの保護(ライブスキャンツールを含む  
ハードウエアに依存しないリストア    
ZIP形式のアーカイブへのバックアップ、圧縮  
電子メールによるバックアッププロトコル  
SMSテキストメッセージによるバックアップ状況の送信  
     
     
バックアップ対象 Essentials Business
USBデータキャリア、ハードディスク(USB1.1/2.0/3.0ドライブ、IDE、PATA、SATA、SCSI、SAS、FireWire、IEEE1394)
RDXデータメディア
Jaz、ZIP、MO、Flashデータメディア
CD、DVD、Blu-Ray
ネットワークフォルダ, ネットワークアタッチドストレージ(NAS
FTPサーバー、SSLあり/なし(暗号化なし/暗号化あり
Langmeier Backup Cloud
オンラインサービス: OneDrive, GoogleDrive, HiDrive, SecureSafe, その他多数...
ログイン情報で保護されたネットワークフォルダ  
あらゆるタイプのテープドライブ  
     
     
バックアップ方法 ファイルバックアップ Essentials Business
フルバックアップ  
変更バックアップ:変更されたファイルや新しく追加されたファイルをバックアップ
同期:ソースに存在しなくなったファイルをバックアップから削除する  
ディスクローテーションによるインクリメンタル・バックアップ  
ボリュームローテーションによる差分バックアップ  
     
     
暗号化 Essentials Business
クラウドへの暗号化バックアップ  
暗号化されたローカルバックアップ  
     
     
ディスクイメージ Essentials Business
フルバックアップ  
差分バックアップ  
ディスクイメージからの個別ファイルの復元
     
     
オペレーティングシステム Essentials Business
Windows 11
Windows 10
Windows 8 / Windows 8.1
Windows 7
Windows Server 2019 Essentials 見る:
Langmeier Backup Server Essentials
Windows Server 2016 Essentials
Windows Server 2012 Essentials
Windows Small Business Server 2011
Windows Small Business Server 2008
Windows Server 2019 Siehe:
Langmeier Backup Server
und
Langmeier Backup V-flex
Windows Server 2016
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2008
 
自動でデータをバックアップ

すべてのファイルを保護します。

  今すぐ購入   無料でテスト ラングマイヤー・バックアップ・フォー・ウィンドウズ

 

詳細な機能概要

  Essentials Business
ファイルのバックアップ (ドライブ、フォルダ、ファイル)
メールバックアップ (Microsoft Outlook, Windows Mail, Outlook Express, Windows Vista/Live Mail, そして Thunderbird)
Internet Explorerのお気に入りのバックアップ
1:1 ファイルのバックアップ (バックアップされたファイルは、バックアップメディア上で直接利用できます。)
メディア挿入時にバックアップ開始
決められた時間にスケジュールされたバックアップ
インターネット接続時にバックアップを開始
ユーザーの仕事の合間にバックアップを開始
バックアップしたデータの確認
バックアップメディアのクリーンアップでストレージ容量を確保
ファイルのインクルードとエクスクルード
1クリックバックアップ:デスクトップにアイコンを作成し、すぐにバックアップを開始することができます。
必要に応じて、バックアップ中に個々のフォルダを直接スキップする  
ハードディスクのイメージ作成(イメージバックアップ):完全なOSのバックアップ
ブータブルCDによるOSの復元
使用しているオープンファイルやデータベースのバックアップ (Microsoft VSS Volume Shadow Copy-テクノロジー)
履歴管理によるデータバックアップ (ファイルのバージョン管理)
バックアップの中央監視
Windowsサービスとしての運用  
バックアッププロトコルをメールやプリントで送信  
テープドライブへのデータバックアップ (DAT, DLT, SLR, DDS, QIC, LTO, AIT, MLR, TRAVAN)  
選択可能な暗号化(最大AES 256ビット  
データ圧縮  
業界標準のZIPアーカイブへのバックアップ  
バックアップ前にバックアップメディアを削除  
オプションでアーカイブビットをリセットしない  
バックアップの前または後にプログラムやバッチを開始  
独自の機能を実装するためのVB-Script-Editor  
アクセス保護されたフォルダーやネットワークフォルダーをバックアップするためのログイン情報の指定  
     

 

自動でデータをバックアップ

すべてのファイルを保護します。

  今すぐ購入   無料でテスト ラングマイヤー・バックアップ・フォー・ウィンドウズ